忍者ブログ
I want to... Dream as if I'll live forever. Live as if I'll die today.
 
演奏会は終わってしまっていました。

なんともまあ、あっという間で、まだ実感がない感じです。
いや、卒業式の時もそうだったっけなぁ。
でもまあまだ、始まったばっかりだものね。

本番では直前の準備でヘロヘロだったせいかさほど緊張しなかったんですが、
でもやっぱりどこかに力が入ってしまっていたのか上手くトレモロが出来ませんでした(・ω・`)
もう受難のミサもクラブオリジナルも全員で弾く機会が無いのかと思うと不思議な感じだ。
お客様に聞かせるため、というよりは、
先輩方の綺麗な演奏と一緒にひとつの曲を弾けるのが楽しくて弾いてたようなものだったからなぁ。
練習のときの方が個人的にうまく弾けてたというのが今は一番悔しいです。
次…は、もっと本番でも笑いながら楽しく弾けたらいいなぁ。


これからしばらくマンドリンはお休みになります。
納会とかクリスマス会とかまだちょいちょいイベントはあるんですが。
そんな訳で、さて、本気でこれからどうするか考えないとと思っていたら、
なんとまあ今日になって休学制度が来年から変更になるというお達しが届いてしまいましたよ。

……orz

休学が年度製ではなく前期or後期制になって、
休学しても普通に年次は上がってしまうそうです。
ちょっと待ってくれ……

少し混乱しているので追記から色々メモ書き。

 

 


マンドリンと、大学に入った本来の目標である読書と創作、それと世界を見ることも諦めたくなくて、
休学制度を使って1年間の猶予期間を作りたかった、何も諦めたくなかった、
…なんてかなりぶっとんだ夢はもうこれで終わっちゃうのかな。


母さんはもう半分くらいいいんじゃないのと認めてくれていると思うものの
父さんは明らかに娘が意味不明なことを言い出したと思ってるんだろうなあ
するのはいいとして、社会人としての云々も考えたのか云々色々言われたのに見事に記憶に残ってない
そんなに聞きたくなかったのか私は


……そりゃあね、そうだろうね、マンドリン(というかサークル)やってた方が社会に出た時の役には立つよね
色々自分たちでやらなきゃいけないし、先輩との付き合いとか、後輩への指導とか、ね
まあそんな理由でサークルを続けている訳ではないけれど
合奏が楽しいからやめられない訳で
指揮者が決まらないとか、友達に負担を掛けてしまうとか、入った以上の責任とか、
そういうのも、それは少しずつはあるけれど、
これで合奏さえ苦痛だったらもうとっくに諦めていただろうし

こういうところでは完璧に自己中心思考だからなぁ、私は


休学制度さえ利用すればマンドリンも物語も諦めずにいられるかと思っていたけれど
学年が上がってしまうのでは、単位とかそういう問題も絡んできてしまうから
…どう、しよう
一年間だけでも時間止められるかと思ってたのにな

ピースボートは大体100日間だから前期or後期休学でもなんとか、なるけども
なんとか、なるけれども

マンドリンもやって執行部としても活動して
本を読んでもっといろいろ考えて創作して世界も見たいなんて言ってたら
これは ちょっと 流石に どうしたら
どっちにしろサマコンか定期演奏会のどちらかには間違いなく出られなくなるし

年次が上がる以上休学してない期間に全力で単位を取らなきゃいけなくなる
留年なんてしたらそれこそ父さんにぶっとばされる
留年なんてしたらその分の学費を私に払えるのかと言われたら私は黙るしかない訳だし


夢を見ていいのは子供だけだなんて思いたくないよ
私が周りに比べてどうしようもないくらい子供なことは分かってる、知ってる
この時代に就職なんとかなるんじゃないかなぁなんて考えてるあたり世の中なめすぎてる
もちろん休学してる間も英語とかは勉強する気だし
ピースボートで外国の人と話したり英語の勉強したりもしもうちょっとそこで社交的になれたら
就職にもちょっとは役に立つんじゃないかなぁなんてくらいしか考えてないし
そもそも何処で働きたいとか全く考えてないし
大学を出てすぐ作家になれるはずもないしそんな未熟な状態でなりたくないから
どこかでは働かなきゃいけないけど
どこで働きたいとかさっぱりないもんなぁ、もう
そんなこと考えたって叶う訳ない
その目標に向かって本気にはなれないだろうから

……どうなるんだろうなぁ、これ、あと2年後
落ち込んできた

20年くらいたった私が、まだ、児童文学やファンタジーという表現を愛してくれていて
それを書き続けてくれていて
ひょっとしたらそれが本になって誰かに読んでもらっていたら
そして自分がその時何をして働いていてもその仕事に何かの誇りを持ってくれていたら

ただ、そういう大人になりたいだけなのに
そういう大人でさえあってくれていたらどこでどう働いてくれていても全く何も構わないのに
大学まで来て、もう、なりたい目標が夢物語かドロップアウトした人達の中にしか見えなくなってしまった
大学までは「大学になったらあれをしたいこれもしたい」があったけれども
社会人になったらあれがしてみたい、なんて、少しもないよ、私
それでもみんな大人になっていくんだろうけど
子供なのか
知ってるよ、もう


…何の話してたんだっけ?

…えーと、そうそう
マンドリン、と
大学の授業と勉強と
読みたい本と書きたいものと
見に行きたい世界と
が、両立出来ない
どれを選べばいいのかな
…きっともう両立出来ないのは確定だよ な
休学が、出来ても半期だとしたら、本当に少しのことしか出来ないだろうし
だったらもう ああもう
マンドリンを諦めるなら休学の必要性だって半分になっちゃうのに

どうしたらいいんだろうな

本を読むこと書くことに関しては 卒業してからでも出来るだろうけど
世界を見に行くことは、社会人になったら、きっともうほとんど出来ないよ、だから
大学のうちに行ける限り行ってしまいたいよ
休学するとして、そうしたら
その半期使ってめいっぱいめいっぱい見て回るしか
それでそのあと一生懸命単位取って
でもね、そうしたら、ね、どうするんだろうね、就職活動
3年じゃなくて2年で休学しろと?
スペイン語浪人しちゃうよ、間違いなく
3年の前期で休学したら?
後期と4年とで授業が大変なことになるけど頑張れる、かな……。
でも、そうしたら
2年の間に旅のための準備をしなきゃいけなくなる訳で
ますますマンドリンが両立出来なくなっちゃうよ
ああもう、どうしたらいいんだよ
今やめたら、やめたら、
弾けなくなるのももちろん悔しいけど、パートのみんなに迷惑がかかりすぎるよ

…もう駄目なのかな
どうしたらいいんだろう
せっかく、休学してでもマンドリン頑張ろうって思ってたのに


マンドリン(もといサークル)と読書創作と
私にとって役に立つのはきっと前者
私がやりたいのは後者
チームワークも何も学べるわけでもない
本を読みたいといっても、私の場合、本当にただ無心で読むだけで
論じる視点から読むことはまだちっとも出来ないし
正直あまり本気では出来るようになりたいとは思っていないし
(入門演習とかで同学年の仲間が凄いこと言ってると頑張らなきゃと思うけどきっとそれは単に私が負けず嫌いだってだけ)
見る人からみたら完璧に時間の浪費だろうね

でも、ああ、もう
…無理かも
どうしよう、どうしたらいいんだろう
今日だって友達にサークルはやめないよって言ってきちゃったよ
明日あの子にどういう顔で会えばいい?
もしかしたら裏切ってしまうかもしれないのに?
ただでさえガタついてる今の私のパートを置き去りになんて出来ない、
せめてもうちょっとなんとかわだかまりを解く努力をしないと私はいなくなれない
今のままじゃどうなるか想像もしたくない


…駄目ですね、マイナス思考のループしか出来てないですね
今日は考えるのはこれくらいにしておきます
もうちょっと、もうちょっと、明るい思考が出来る時に考えよう
そしたら何か、いいアイデアが浮かぶかもしれないから
そう願うしか出来ないけれど


おやすみなさい。
 
PR
◎ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
355  354  353  352  351  350  349  348  347  346  345 
読書メーター
里音さんの読書メーター
ブクログ。
ニコニコ動画マイリスト
プロフィール
HN:
風野 湊
性別:
女性
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]