忍者ブログ
I want to... Dream as if I'll live forever. Live as if I'll die today.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
今日も備忘録、というより、走り書きですか。
なんだか本当に自分のための日記帳に成り果ててしまっているので、
近いうち、お絵かき掲示板でも借りてきて、簡易日記にして、
そちらをメインにしようかなあと、考えあぐねています。

とりあえず今日は、夜も遅いので、15分という時間制限で。


一年ぶりの授業復帰ということで、いそいそと履修を組んでいます。
大学生としての時間は、もう折り返しです。あと半分しかありません。

私は文学を研究することがどうやら嫌いです。
その偉大さと恩恵を受けてなお駄目です。
誰かから本の読み方を示されることが駄目です。
新たな世界の否定をしているだけなのだろうと思います。
私の、読書と創作の根にある、児童文学、ファンタジー、ライトノベル、
こども、中学生、大人になる前の彼らが愛する物語こそが私のルーツであり、
それを否定することはできない。
大学で示される読み方を受け入れれば、私は自分の根を否定することになる。
私の根を構成してきたものたちを、
子どもの読むものだ、子どもの読み方だ、稚拙だ、大衆的だ、くだらないものだと、
否定する声が、少なくとも、大学の中では、あまりにも、圧倒的だ。

私は自分の根にある彼らを庇う言葉を手に入れた上でなければ、
大学で是とされる読み方を自らの物には出来ないだろう。
それはそれで良いのかもしれないが、
大学図書館に埋め尽くされた新しい世界全てを理解できないままというのはあまりに悔しい。
根を否定せず、新しい読み方を、複数、持つことは、できないだろうか。
それが出来たら、私は何の悔いもなく卒業出来る。

実際、すでに、私の読み方は、創作は、
大学生になってから読み始めた本、勧められた読み方、それらに、確実に、
浸食、いや、影響されているのです。
これが良いものだよと示されるものを、私はあまりにも従順に呑み込みすぎる。
少しつらい。
今まで書いてきたものを、新しく取り入れた読み方や書き方に合わないからと言って、
全否定し、良さを潰し、新しい世界に合わせて書き直そうとする行為は、
あまりにも空しいし、無意味だし、恐ろしいことだ。
過去のものは過去として、という訳ではなく。
ひとつの在り方として無私に肯定したうえで、
技巧を見ることが出来たなら、どんなに良かっただろう。
今の私が何かを書く時、読むとき、
技巧の未熟さとして意識されるすべては、
新しい世界で読んだ名作の手本に合致しないもの と ほとんどイコールなんじゃないだろうか。
私の感じた面白いはどこに行ってしまったのか。


口承、娯楽性、エンターテイメント、大衆文学、
と、
純文学 として分類されるもの
の間に、繋がる糸を見つけたい。
見つけられたら良い。
私の面白い、と、つまらない、が、何処から来ているのか、
何処から与えられたものなのか、見えるようになればいい。

アニメや、漫画と同じくらい、文章を通された物語が、自由になれたら良いのにな。



それでも、すべてがうまくいったとしても、
私は、文学批評はきっと最後まで苦手なままなんじゃないかと思う。
良い言葉が沢山あることも分かってるし、
新しい見方を沢山見つけるヒントにもなると分かっていても、
たぶん、だめだ。
わたしは書く方の側だからかもしれないが、なんだか、
書く時に遊んじゃいけないといわれているような気がしてだめだ。
いいかげんに歌いながら書いてはいけないと言われている気がしてだめだ。
書かれる物語と言葉のすべてに意図がなければいけないと言われている錯覚に陥って、だめだ。


人からなになにしろと言われるのがだめなのだ、そもそも。
若者よもっと本を読めとか、
若者よもっと旅をしろとか、言われると、うっわあ、って、なる。
漫画やアニメやゲームは良いなあ。
若者よもっと漫画を読めなんて言われる時代が来たら、嫌すぎて、吐きそうだ。


15分たった。
おやすみなさい。
 
PR
◎ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
467  466  465  464  463  462  461  460  459  458  457 
読書メーター
里音さんの読書メーター
ブクログ。
ニコニコ動画マイリスト
プロフィール
HN:
風野 湊
性別:
女性
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]