忍者ブログ
I want to... Dream as if I'll live forever. Live as if I'll die today.
 
の、ような。

書いて書いて、
大学一年間で本当にいろんな価値観に触れて、
去年までとまたずいぶん考え方が変わって。
ちょっと、そろそろ、一回、立ち止まってみた方が、いいのかなあ。
12月から二か月くらい、立ち止まってたつもりなのに、
なんでもう息が切れちゃってるんだろうなあ…。


何を書きたいの、とか、
どうして書いてるの、とか、そんなどうしようもないを考えたり、
自分の書いた小説を、書きながら、
なんとか客観的に眺めようと躍起になって、
背伸びしまくってるうちに、ちょっと疲れちゃったのかもしれません。
書いてる間は没頭しているからそこまで苦痛ではないですが、
書き終わった後、一息つくと抜けがらみたいになってしまう。

どうしてこう、なんにでも、意味を求めてしまうのかな…
どうして、人にちゃんと説明出来るような何かがないと、いけないような、
そんな気持ちになっちゃうんだろうなあ……。



今までは、本を読む時、
面白いか、面白くないか、だけで読んできましたが。
ちょっとずつ、それ以外の読み方も、考えながら、読むようになってきて、
今まで敬遠していた色んな本も読めるようになってきたけど、
読めなくなる本も、出てきたような、そんなような、
気がするような、
それとも、それをやっと実感出来るようになっただけのような。

自分でもなんでモヤモヤしてるのかよくわかってないので、
日記に書いてみてもうまく言葉になりませんね(´`;)うーうー。
また、あれかなぁ、考えすぎかなあ。




備忘録だけってのもあれなので。
ここ最近、昼日中から家にいるとそわそわして落ち着かないので、
なんだかんだと外に出るようにしてるのですが、
今日は海浜幕張まで行くがてら、電車内でちょっぴりお花見してました。
東京よりちょっと遅れて、千葉は今がちょうど桜の咲き盛りです。

そうそう、あと、それから。
今、リルケの「神さまの話」と、河合隼雄さんの「ファンタジーを読む」、
上橋菜穂子さんの「虚空の旅人」を読んでます。
上二冊は友達からの借り物で、ぽつぽつと読み進めてるのですが、
(むしろ、河合さんの方は面白すぎて、
 取り上げてる原作を読まずに読むのがもったいなくて、一気に読めない状態^q^)
上橋さんの「虚空の旅人」は、今日買って、一気に読破してしまいました。
いや、無理、途中で抜けられない。
ただ、なんだか今回は、「闇の守り人」に比べると、物語に入りこみきれなかったんだよなぁ…
チャグムの成長とか、シュガとの信頼関係とかにはすっごくこう、胸があつ…
…あ、駄目だ、なんかこう文語的表現で感想書くと嘘っぽくなる。
とりあえず、一言で言うと「うおおおおおお」状態で読んでたんですが(?)、
サンガル王国の空気になじむ前に、物語を読み終わってしまった、というか。
もうちょっと、ゆっくり読めば良かったなあ。
もう一度、今度は時間をかけてじっくり、読み返してみよう。

ただ。
新潮文庫版で読んだのですが、
巻末の、小谷真理さん(すごいファンタジー評論家の方らしいんですが、よく知らないのです…)の、
解説が、どうも、肌に合わないと、いうか、なんと、いうか。
いや、うん、そういう読み方もあってそれも面白いってことは、わかっているんです、が、
なんか、違和感を感じちゃうのは…うーん、なんなんだろう。
子供の読み方と、大人の読み方とを、両立させることって、出来ないの、かなあ。
子供の読み方を忘れてしまったら、
わくわくするような物語は書けないと思うし、
かといって、大人の読み方や考え方がなかったら、
大人も思わず引き込まれてしまうような世界は造れない、と、思うのですが…。
そもそも、子供の読み方、大人の読み方って、線を引くやり方も、好きじゃないんですが…。
まだ、私は、分らない、知らないことが多すぎて、
どうにも、うまく言葉に出来ないです。
でも、んー、心理療法家の河合さんの児童文学への考え方はすごく好きだし、
それでいうと、…うおおおお本気で何がなんだかわかんなくなってきた


とりあえず、ちょっと頭冷やしてきます…\(^o^)/
 
PR
◎ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
402  401  400  399  398  397  396  395  394  393  392 
読書メーター
里音さんの読書メーター
ブクログ。
ニコニコ動画マイリスト
プロフィール
HN:
風野 湊
性別:
女性
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]