忍者ブログ
I want to... Dream as if I'll live forever. Live as if I'll die today.
お久しぶりです、風野湊です!
三週間のモロッコ旅行から帰国し、ようやく時差ボケも落ち着いてきました。
砂漠気候との気温差で見事に風邪を引いたりしつつ笑、今度は新生活に向けた引っ越し準備でドタバタしております…。
もうちょっと身の回りが片付いてきたら、旅行中の写真や動画も掲載したいですね(´ワ`*)

取り急ぎ、ジャマ・エル・フナ広場の録音音声だけアップしてみたので、こちらにリンクを貼っておきます~。
→ http://feelingskyblue.tumblr.com/post/80169313640
約17分間あるので、作業BGM代わりにどうぞ。
音質はさておき、賑やかさだけは充分に感じられるのではないかと思います。
何カ国語もの挨拶と、連なる太鼓の楽音、ヘビ使いの笛の音、歌声、タクシー、馬車の音、などなどなど。

それでは本日はこれにて。
留守中もWEB拍手くださった皆さま、どうもありがとうございました!


PR

21~23日までの卒業展覧会、無事に終了いたしました!
思った以上にたくさんの方に足を運んでいただけて、いやあ、終始はしゃぎっぱなしでした。来てくださった方、応援してくださった方、本当にありがとうございました。
来月中には卒展ウェブサイトにレポート記事がアップされる予定なので、その頃にまたご報告に来ますね!

取り急ぎ、以下に、私が朗読公演を行った際の録画映像を張り付けておきます。21日朗読 『旅人よ立ち止まれ』より
「空っぽな跳躍 / 雪の砂漠 / 君は手ぶらで門を出るつもりか / 北ウェールズの赤い海」
本編はだいたい3分以降からです。

【3月20日追記:以下の録画は、ツイキャスの録画保存条件に満たなかったため削除されてしまっていたようです… 残念!;】22日朗読 『旅人よ立ち止まれ』より
「空っぽな跳躍 / サントリーニの本当の名前 / 通学途中のアコーディオン弾き / どうして偽物なファンタジー / 夏休みとエピローグ」
最後の方が3分くらい切れてしまっている、かも。昨日の朗読よりはゆったりと。
 22日朗読 『宮沢賢治詩集』(新潮文庫)より
「『春と修羅』序文 / 春と修羅 / 風景とオルゴール / 告別 / 永訣の朝」
前半の旅行記朗読とは異なり、パフォーマンス重視。声の強弱も激しめです。
(襟が変になってたの全然気づいてなかったよ恥ずかしい……)

卒業展覧会で行われた他のライブパフォーマンス映像は、こちらからご覧いただけます。http://twitcasting.tv/bunshi_sotuten/show/



さてさて。私、あと30分もしたら、成田空港へ向かいます。
学生生活最後の旅行、モロッコを三週間かけてウロウロするのです。
WIFI環境がある限りはTwitterも更新してゆきますので、ときどき覗いてみてください笑。

それでは、いってきます!(´ワ`*)
そしてそして空拍手いつもありがとうございます。また、3月に!
やっと!告知できる!!!
前々から呟いていた、卒業記念展覧会についてのお知らせを、ようやくお届けします!

===============================

『立教大学文学部文学科文芸・思想専修 卒業記念有志展覧会』
テーマ/思想×PLAY
開催期間:2月21日(金)~2月23日(日) 11:00~20:00
会場:10°Space(高田馬場 10°Cafe 3階)
入場料:200円 作品図録:100円
ドリンクチケット販売、あります(500円)

公式サイト http://bunshi2013.webcrow.jp/index.html

===============================

私は出展者として朗読パフォーマンスを行います。
現時点でのプログラム予定は以下のとおり。
・21日16時~17時
・22日13時~14時
それ以外の時間にも、もしかしたらちょろっと喋るかもしれません。当日はもう一人朗読者がいるので、彼女と時間を分け合い、一演目あたりだいたい30分ほどの朗読になる予定です。

朗読作品は『旅人よ立ち止まれ』より「北ウェールズの赤い海」「雪の砂漠」などを予定していますが、その時の会場の雰囲気でいろいろ読めたら良いなぁと思っています。時間が空いてしまったら旅の話でも。
卒業記念……ということで卒業制作を展示・公演する出展者が多いのですが、私は未完に終わってしまったため、在学時の作品でもっとも思い入れのある旅行記の朗読を行うことにしました。人前で実際に読むのはこれが初めての機会になるので、かなりどきどきです。
21日~23日の週末、もしお時間がありましたら、どうぞ高田馬場に遊びにきてください。
会場にはテーブルと椅子、ドリンクチケットもありますので、のんびり過ごせますよ~。

===============================


さて告知は以上なのですが、「文芸・思想専修って何?」「どんな展示会?」という方がほとんどだと思うので、ここからはちょっぴりと紹介をば。

言葉で説明するよりも、出展・公演作品を列挙した方が分かりやすいかもしれません。
本展示会には、小説、詩、論文、絵本、漫画、音楽ライブ、落語、朗読といった、まったく統一性のないカオスな作品が大集合しています。小説や詩にしたって、純文学からエンターテイメントまで何でもありです。ギルガメシュやハムレットの古典朗読が登場したかと思えば、同じ日にまったくオリジナルの詩や音楽を耳にすることもできる。製本された作品を会場で読むことも、図録記載のQRコードで自宅から読み返すこともできる。
書きながらしみじみする程度にはカオスです。なんだこれは。

何故こうなっているのかといえば、「文芸・思想専修」が「文芸と思想に関わる分野なら何でもござれ」という世界だからです。
「さまざまな国と時代と地域の文学を読み、比較・批評すること」「そして自分でも表現してみること」を掲げた専修なので、西洋の古典から、東欧文学、ラテンアメリカ文学、はたまた現代日本のアニメーションや、劇、映画、脚本、落語、朗読などなど……各自の興味に合わせて、いろんなことを学べます。英米文学やドイツ文学の専修はまた別にあるので、専門を極めるというよりは、広く俯瞰する方向に特化した専修とも言えるかもしれません。
そんな専修の学生が、卒業にあたって、在学中に得たものを表現する。……とすれば、こういうカオスな様相になるのも必然なのです。

なんだか、面白そうな気がしませんか。たぶん、ここまで異なる方面に興味を持つ学生が一か所に集まっている場所も、なかなか無いはず。今までの自分とは関わりのなかったものに、きっと出会えます。
ちょっとした休憩がてら、ぜひぜひ、高田馬場に遊びにきてくださいませ。


今後、開催当日まで、ちょこちょこ追記したりTwitterで告知を行っていく予定です。
なお、期間中は出展者が会場に在廊しておりますので、面白そうな人がいたら話しかけてみると楽しいかもしれませんよ笑。
こんばんは、風野湊です。
首都圏はまた明日も大雪らしいですね。現在の居住地は千葉県の、そのまた南の方なので、雪の話題にはいつも乗り損ないます。すぐ雨に変わっちゃうから積もらないんですよね……。

さてさて、こちらの記事は閑話休題。以前から予告していた卒業記念展覧会の告知記事を立てましたので、それとは別のちょっとした近況報告です。

========================


春から都内での一人暮らしが決定しました。ついについに。
大学時代から憧れまくっていたのですごく嬉しいです。一人で生活できることもそうですが、これでもう二時間という通学時間からも、打ち上げの二次会に参加できない切なさからも解放される…!笑。
身辺が落ち着くまでには時間が掛かりそうですが、まあゆっくり焦らずに。
荷物は極力少なくして引っ越そうと思っています。バックパッカーをしてから物を持たないことが心地よすぎて、というか、物が多いことがしんどくて、捨てるのもなかなか難儀なので。
本だけは間違いなく増殖するでしょうが、それはもう仕方ないですね。

と、その前に、24日からは三週間ほどモロッコを一人旅してきます。
まだ何の準備もしていないのですが。前回の海外旅行が二年前だったことを考えると、ちょっと、色々と、記憶から吹っ飛んでそうですね……。
WIFI環境がある限りはTwitterにも顔を出すつもりなので、ご心配なく。
サハラ砂漠を見たい、という他には特に目的もないですから、ゆっくり散歩する感じの旅となりそうです。ああでも、マラケシュとシャウエンには行けたら良いなぁ。

もうひとつ。先ほど、春の文学フリマへ申込みをしてきました。
就職して一ヶ月目の五月、余裕があるかどうか定かでもないのですが、やっぱり、本を作れないと寂しいので笑。
また五月、お会いしましょう。『竜の花嫁』完全版、作ります。

=================================

それでは、告知記事にて、また!
(そして、空拍手を送ってくださった方、どうもありがとうございます♪)
ブログに書きこむ時は月日のスピードに慄くのが習慣になりつつあります。
(要約:もう2月ですか そんな馬鹿な)

こんばんは、風野湊です。
前回の書きこみがちょうど文学フリマの頃だったんですが、もうボチボチと次回文フリの申込みが始まりつつあるようです。すごいですねえ。

簡単にここ最近の近況を。
文学フリマから終わって後、12月末までは大学の卒業制作にひたすら没頭していました。
長編を書こうと意気込むあまり話の規模を膨らませすぎてしまい、序盤三分の一ながら規定量二倍の文章量(※6万字)になったあげく、「続く!!」で無理やり締めて提出いたしました。
皆さんは……真似しちゃ駄目ですよ……。

春からは社会人になるので計画的執筆を身に着けないと死ぬ気がしております。


1月以降は卒業記念展覧会のWEBサイト制作のお手伝いをしていました。
近いうちに告知記事を出しますが、開催期間中に私も朗読と物販を行う予定です。
2月21~23日まで高田馬場での開催となりますので、お近くにお住まいの方は良かったら遊びに来てくださいね。


春まではひたすらに駆け足で突き進む感じになりそうです。
WEBサイトのリニューアルと、春文フリで刊行する『竜と花嫁』完全版が主な目標になりそうですね。
2月末から三週間ほどモロッコをぶらぶらしてくるつもりなので、それまでに目途くらいは立てておきたいものです。


**************

空拍手を送ってくださった皆さま、いつも本当にありがとうございます。(´`*)
メッセージや応援をいただけることが何より嬉しいです。ふふ。
また近いうちに書きにきますね。

※下記事では、いただいたメールのお返事をしております。
1  2  3  4  5  6  7  8  9 
忍者ブログ [PR]